ゲームを仕事にしたい

仕事をしている時間は人生の約70%とも言われています。その人生を大半を自分の好きなことに出来たらいいなと思いますよね。ゲームを仕事にするためには専門学校で勉強することが近道です。実際にどんな授業が行われていおり、どんな専門学校を選ぶといいのでしょう。このサイトを参考に志望校選びをしてみてください。

ゲームの専門学校で学べること5つ

ゲームする人

企画・シナリオ

人気ゲームを生み出すためには独創的な企画力が必要です。ゲームが高性能になり、多様化している現代ではしっかりした企画力や斬新なアイディアが必要になります。それを専門学校でプロの講師から学べることは強みになります。

キャラクターデザイン

人気ゲームには魅力的なキャラクターが存在します。オリジナリティーあふれるキャラクターを生み出すことはもちろん、ユーザーが求めるキャラクターを生み出すことも重要です。

プログラム

ゲームを作る上でプログラミング技術が必須ですが、プログラミングには特殊な知識や技術が必要になるので、専門学校で実践的に学べるコースを選ぶといいでしょう。

アニメーション

キャラクターの動きや背景を作るためにアニメーションの技術も学んでおくといいでしょう。実際に遊べるゲーム画面を作り上げることができれば嬉しさもひとしおですね。

声優

アニメだけでなく、ゲームにおいても声優が重要になってきています。学内でチームとなりゲームを製作する中で、キャラクターのイメージに合った声優をオーディションします。声優志望の場合はオーディションに受かれば自分の声がゲームになります。

専門学校はたくさんあります

ゲームの専門学校で学べることはたくさんありますが、どのような専門学校を選べばいいのでしょう。たくさんある中でどんな専門学校を選べば良いのかのポイントをお教えします。

【好きを仕事に】ゲームの専門学校で学べることとは?

ゲーム機

実践や実習を重視した学校を選んで

ゲームを制作するには様々な技術が必要です。座学で学ぶよりも職人のように技術と経験がものをいう職業です。そのため、少しでも多く実践や実習をして、体験をしなければ学びにはなりませんし成長することができません。ですので、実習や体験がたくさんできる専門学校を選びましょう。また、実践や実習を重視していても、生徒の人数が多ければ実践ができるまで時間がかかってしまいます。なるべく少人数で実践ができるところがおすすめです。

VANTAN GAME ACADEMY高等部

夢を少しでも早く実現させよう♪ゲーム製作の技術が高校で学べる☆

広告募集中