HOME>トピックス>【道を極めよ】ゲーム業界への近道は高校から学ぶ!

【道を極めよ】ゲーム業界への近道は高校から学ぶ!

ゲーム機

ゲームの仕事の種類

ゲームの仕事と言ってもどのようなものがあるのでしょう。ここでは代表的な3つを紹介したいと思います。プランナーとはゲームの生みの親です。0からアイディアを生み出し、大まかに画面やストーリーを構成していく仕事です。独自のアイディア力や好奇心旺盛さが重要で、多くの開発メンバーと関わることからコミュニケーション能力も重要になってきます。プログラマーとはゲームのプログラムを組み込む仕事です。2つ目はプログラマーです。プログラミングはとても地道な作業で根気がいります。集中力が必要で没頭できるタイプが向いています。また、変更があった際にも一からやり直すことができる精神的なタフさも必要な仕事です。デザイナーはゲームに登場するキャラクターや背景やアイテムなどをデザインする仕事です。また、プランナーと相談しながら世界観を作る仕事でもあります。プランナーが求めているデザインを形にできる力も必要になります。

ゲームの仕事につくための3ステップ

ゲーム機

ゲームの高校に通う

ゲームの高校に通うことでゲームの世界をより深く知ることができます。ゲームに関わる色々な分野を実践的に学ぶ中で、どれが自分に合っているのか、やりたいことは何なのかということを知ることが出来ます。

自分の強みを見つけて極める

自分の得意な分野ややりたい分野を見つけることが出来たら、今度はとことんそれを極めましょう。ゲーム業界は職人の世界です。そこで飛び出た才能を発揮しなければ就職することはできません。

就活は諦めずに続けること

ゲーム業界は人気の職種です。体力的にきついということもあり、離職率は高いですがそれ以上に就職したいという人が多いのです。諦めずに就活を続けることがポイントになります。タイミングが合うことで就職できることもありますし、自分の技術を磨くことを怠らなければ、就職への道は開けます。

広告募集中